民有林史料調査

line

八雲産業株式会社 八雲事業所所蔵史料調査

徳川林政史研究所では、平成19年度より受託事業として、八雲産業株式会社八雲事業所(北海道二海郡八雲町)の「開拓倉庫」に所蔵された史料の調査を実施しています。

八雲は、尾張徳川家第14代当主の徳川慶勝が、明治11年(1878)に旧藩士の授産のため、政府に願い出て開拓を進めた場所で、尾張藩ゆかりの地です。  「開拓倉庫」は、旧藩士による開拓が始まった明治11年に建設されたといわれる木造の蔵で、現在は八雲産業株式会社が管理しています。  調査は、毎年夏と秋の2回ずつ実施し、八雲産業株式会社八雲事業所の社有林関係史料や各種帳簿類・図面類などの整理・目録化作業を行っています。  このほか「開拓倉庫」には、尾張徳川家第19代当主で徳川林政史研究所の創設者でもある徳川義親が、大正末~昭和初年に農村美術運動の一環として推進した「八雲農村美術及手工芸品評会」の出品作品のアイヌ刺繍なども残されていました。  この調査は、平成25年度に終了しました。

                       Information・access                        

公益財団法人徳川黎明会 徳川林政史研究所

03-3950-0117 (平日9:30~17:30)

閲覧日: 火曜日・水曜日10:00~16:30
*閲覧をご希望の場合は、事前に申請が必要です。
閲覧申請はこちら *休日・祝日および、8/10~8/20、12/20~1/10、3/20~4/10は閲覧を休止します。

〒171-0031 東京都豊島区目白3-8-11
アクセス:JR山手線目白駅下車 徒歩7分