研究紀要

line

研究紀要

徳川林政史研究所では、各年度ごとの研究成果を広く一般に公開するため、『研究紀要』を刊行しています。この『研究紀要』には、学術調査の成果や研究論文、所蔵史料の目録などが収録されています。  第49号より、『金鯱叢書』に所収する形式で刊行しています。

55号(2021年3月発行)(『金鯱叢書』47輯所収)

竹内誠名誉所長  遺影 略歴

【論文】

深井 雅海将軍家長男の七夜祝儀における刀剣献上
―綱吉期・吉宗期の比較とその後の変遷を中心に―
大崎 晃 尾張藩領木曽山における山林野入会地の用益形態
―いわゆる明山入会林明治官有林化問題の一考察―
脇野 博 秋田藩領白神山地と秋田国有林
原 史彦 熱田東浜御殿・西浜御殿の成立と終焉及び構造の分析
藤田 英昭 徳川慶勝御手許のペリー来航関連図像と「諸品新聞書」
林 幸太郎 大名華族と同郷会
―旧犬山藩主家成瀬家を事例に―

【岐阜県中津川市加子母地区内木家所蔵史料調査成果報告】

萱場 真仁 内木家所蔵史料調査の経緯と所蔵史料について
萱場 真仁 近世中期における杣頭の活動実態
―濃州三ヶ村を中心に―
淺井 良亮 近世加子母における災害と御山守
―洪水と橋木に注目して―
髙木 まどか 近世山村における離縁
―美濃国恵那郡加子母村内木家「御山方御用幷諸事日記」から―
萱田 寛也 加子母村における家族の看取りと死生観
―内木彦七家を事例に―

【研究ノート】

池ノ谷 匡祐 尾張藩主の犬山御成
―四代吉通と一二代斉荘の比較を通じて―

【活動報告】

令和二年度の調査・研究・普及活動

【所蔵史料目録】

徳川林政史研究所所蔵 徳川林政史研究所所蔵 尾張徳川家文書目録(十七)
徳川林政史研究所所蔵 徳川林政史研究所所蔵 石河家文書目録(十三)

※『金鯱叢書』第48輯には、徳川林政史研究所「研究紀要」以外に、徳川美術館 学芸員による論考・史料紹介も収められています。

                       Information・access                        

公益財団法人徳川黎明会 徳川林政史研究所

03-3950-0117 (平日9:30~17:30)

閲覧日: 火曜日・水曜日10:00~16:30
*閲覧をご希望の場合は、事前に申請が必要です。
閲覧申請はこちら *休日・祝日および、8/10~8/20、12/20~1/10、3/20~4/10は閲覧を休止します。

〒171-0031 東京都豊島区目白3-8-11
アクセス:JR山手線目白駅下車 徒歩7分